A型インフルエンザの時の診断書や家族との過ごし方

感染力も強く、症状も高熱が出たりするなど大変なA型インフルエンザですが、もし発症してしまったら様子を見ながら病院にも出かけてきちんと診断を受け、薬をもらって治療を進めていく事になります。インフルエンザの家族の過ごし方もどうしたらいいのだろうと思うかもしれませんが、まずはお互いがウイルスのやり取りをしないように手洗いやうがいなどの励行をしたり、部屋の加湿や清潔な状態を保つ事なども重要です。マスクなどもして空気中にばら撒かないようにしたりする事や、外出時も人混みを避けて第三者にウイルスを付着させないような配慮もしないといけません。

また、治療後には診断書ももらいに行って会社に提出しなくてはいけないと面倒に思う事もあるでしょう。A型インフルエンザも潜伏期間を含めてウイルスが体内にいる期間の目安としては7~10日ほどと言われています。会社もこんなに長い期間休むのは本当に大変な思いになるわけですが、あくまで目安なので出勤する時にはきちんと治りましたという証明として診断書があれば大丈夫だろうと考えるのです。診断書の価格は病院によって異なりますので、事前に問い合わせて安く発行してくれる所を探してもいいかもしれません。

A型インフルエンザも流行して感染してしまうととても大変です。かかった本人もそうですが、家族としてもどんな風に対処をしながらすごせばいいのか分からないのは当然です。家庭内での感染を防ぐ事も大切ですし、感染をしなくてもウイルスの付着の可能性もありますから、家族以外の人に移さないように気をつけて過ごす事も重要です。治療が終われば診断書もきちんと提出できるように準備も忘れずしておくようにしましょう。