インフルの自然宿主とは

特に冬から春になるまでの期間に猛威をふるうインフルエンザ。
家族全員がかかり終えるまでその期間が終わらないご家庭があるでしょう。
その種類は三種類存在しA型B型C型とあります。
時折2種類併発してしまうことがあります。
その中で自然宿主と呼ばれるウイルスが生物の中で潜伏し、増殖させてウイルス抗原を変化させてしまうものがあります。
特に広がる可能性が高いA型インフルエンザでは人だけでなく、鳥や豚という複数と自然宿主を持ちます。
中にはクジラまで含まれ最も多く抱えてています。
A型インフルエンザにいたってはウイルスは絶えず変化が起こり症状は隔離が必要なほど重くなっていき、感染していく範囲が世界的に大流行となってしまい最悪には死者が出てしまいます。
近年では2009年の新型インフルエンザとして記憶に新しいはずです。
その時の自然宿主は豚となってしまいした。
20世紀後半には香港かぜやソ連型が猛威となっていました。
A型インフルエンザの感染範囲の拡大化は細胞表面抗原が複数存在しており、増殖力が相当高くなっているためです。
A型インフルエンザは2種類のたんぱく質の組織である表面抗原を持っていて15種類のヘマグルチニンと9種類のノイラミニダーゼに分かれており、その組み合わせは135種類あります。
ノイラミニダーゼは糖たんぱく質で体の中でウイルスを増殖させてしまいます。
よく聞くインフルエンザ・ワクチンのタミフル・リレンザはこの糖たんぱく質の阻害薬になっています。
もう一方のヘマグルチニンという糖たんぱく質はウイルスを覆っており、これを血液検査でインフルエンザ感染を調べています。
陰性となると免疫を持っているか感染したことがないことになります。
抗原に対抗する抗体を持っていると免疫を持っているということになります。